タグ別アーカイブ: CTAC

燃料を真剣に考えてみる(ドラガス、アルコール) 1

燃料をコストから考える

 

現在タイムアタックには、燃料のレギュレーションはありません
この事が非常に自体を難しくさせています

通常競技のカテゴリーでは、燃料が決まり、決まった燃料の上で、エンジンの仕様が決まってきます。

日本のチューニングカーに関しては、長いことこの辺が曖昧でした。この辺は、知識不足や経験不足もあるでしょう。

燃料に関して、少しでも知って貰い、有利に使って頂ければと思っています。

よく聞かれる質問は

  • 燃料を使うメリット、デメリット
  • アルコール系との違い
  • 有鉛と無鉛の違い

この辺なのですが、その前に、高い、高いと言われるのでそこの解説です。

13292918_614007768748113_799270017_n

イメージですが
ドラガスや、アルコール燃料は、ガソリンより高い。
これが一般的なイメージです

これは、ある意味で正解です。
ただ、例外があります
判りやすく、コストから解説します。

【対象はこんな方w】

  • エンジン&補記関連に300万以上掛けている
  • 空力パーツに100万以上掛けている
  • 新品タイヤを削って使う

この3つ当てはまる人は、是非、読み進めてください!

【想定例】
タイヤ代1セット 20万円(295/30/18を想定)
エンジンは年5回使い、2年でオーバーホールと仮定
・1回のランニングコスト
エンジン消耗費+タイヤ代 = 50万円です

1回の走行で20周走るとして燃費1キロ(筑波計算)で 40L燃料は必要です。
弊社の商品が 34000円として 税込み72000円

粗く計算しますが1周辺り 3500円のコスト増加です

 

弊社の平均データで想定すると
【参考数値】

DSC_7317

  • ロータリー ブースト 1.2キロ 500馬力 が 弊社の燃料使用で 550馬力 +50馬力
  • SRエンジン ブースト 2.0キロ 600馬力 が → 720馬力 + 120馬力
  • RB26エンジン ブースト 1.8キロ 800馬力 が → 950馬力 + 150馬力

ほとんどのショップが社外秘なのでなかなか詳細をお伝えできませんが

  • ブースト&回転数が掛けられれば掛けられるほど、数値は上昇
  • 最終馬力はオクタン価比例です、トルク特性の差が、各燃料の差になります

燃料チューニングは、コストパフォーマンスが非常に高いチューニングです。

面白いのが、そこまで追求した会社が少ないことです。
市販燃料を同条件、同一テストした会社とかは何社有るんだろうと考えて居ます

 

ここで計算です

【計算】
タイヤ1セット新品を持ち込むとして、走れるのは良くて5周
つまり、その間に使う経費は

エンジン(30万) + タイヤ(20万) +ガソリン(2万) として 2/52 

つまり ガソリンに掛かるコストは、たったの3.8%です。

エンジンの費用+ライフ+走行回数で各自で計算してみてください。驚くほど、ガソリンのコストが低いことに気付くはずです。それで、最低でも、50馬力がリスク無く手に入ります。

NOS等の商品みたいに、マネージメントが必要な商品でもありません。強いて言えば、使用後抜くことだけです。

 

それで上記のトルクが得られ
ガソリンに無いメリットも得られることが出来ます。

1馬力得るのに幾らでしょうか?
軽量化に何グラムとか、タイヤを削る
その情熱は素晴らしいです

そこまでやるなら、なぜ、燃料をもっと考え無いの?と思ってきました。
今まで使わず嫌いだった方、エンジンの消耗度&タイヤのコストよりも圧倒的に安いですので、タイムを狙う時には一度ご検討ください。

タイヤ削るなら、燃料いっとけ♪

真剣に考えていますw

次は、燃料の種類に対して説明します

 

CTAC 2018/01/21 セントラルサーキット行って来ました

CTAC

http://centraltimeattack.com/

に行ってきました
今回はがっつりサポートのお客さまは居ないので

代理店のピットロードMさんの応援に
(三和さんは忙しそうで話し掛けられませんでしたが・・・・)

フォトログという事で・・・・・DSC_1575

 

当日は、他のイベントも併設

裏の駐車場も一杯だったそうです

DSC_1703 DSC_1702 DSC_1701 DSC_1700 DSC_1699
飲食店ブースも充実
ラーメンや肉吸まで

イベントとしては、こういうのが充実していると有り難いです

それと、来年以降は出したい
ブースの研究ですw

DSC_1679 DSC_1651

 

まずは ファイヤー安藤さん

ブースを見れば凄いの一言

この体制で挑めるのもスキル
お金でどうにかなる世界では無いです。

ドライバーも、チームも、アツイです♪

それと、レコードおめでとうございます
もう、トップタイムは12秒目指した動きのような気がします

DSC_1684 DSC_1683

 

 

今回の真の目的である、サムソナストランスミッション装着車両

グロスファクトリーさん

http://www.gloss-factory.com/

 

ユーザーにフィードバック出来る車輌で
タイムアタックすると、今回はエアロでタイム更新狙いです

既にフォルムを真似できるかどうか?
と言う突っ込みどころは満載ですが

超高価なカーボンで無く、FRPというアプローチ好きです

古タイヤで18秒というのは聞いていたので、大幅なタイム更新を楽しみにしていました

結果は17秒17

有言実行格好良いです

車自体は、まだやるところ満載なので
まだまだ伸びるのでは無いでしょうか?

タイムアップ、必ずサムソナス効いているはずです。

社長、筑波には、Fuel Evo110使ってください♪

 

セントラルの動画 from gloss factry

DSC_1687

井入さん3ローター

最初に走っているのを見たのは、5,6年前のチューニングフェスタですが
始めて、パツパツの格好良いサウンド刻んでいる気がしました

トラブルは悔しいところですが
次に期待です

しかし、チームフルステージは
チームワーク凄い。

DSC_1694

 

無いも言うとこ有りません
最近は、シビックに見え無くなりました

しかし早い!
何処までタイムがあがるんでしょうか?

 

DSC_1670

DSC_1669

 

ピットロードMピット

三和さん忙しく動いていました
いつ見ても速そうなFDたちです

 

DSC_1657

 

DSC_1672 DSC_1671 DSC_1668 DSC_1667 DSC_1666 DSC_1665 DSC_1664 DSC_1663 DSC_1659 DSC_1655 DSC_1654 DSC_1653 DSC_1652 DSC_1650 DSC_1649 DSC_1648 DSC_1644 DSC_1645 DSC_1646 DSC_1647 DSC_1693 DSC_1692 DSC_1691 DSC_1690 DSC_1689 DSC_1685 DSC_1688 DSC_1675 DSC_1676 DSC_1677 DSC_1674 DSC_1673 DSC_1640 DSC_1635 DSC_1574

参加された皆様、主催者、関係者の皆様
お疲れ様でした

誰にも話し掛けること無く、不審者の如く見てましたw

 

RGNの青木さんFaceBookで書かれていましたが
関西でタイムアタックがおこなわれるようになって数年

 

ずっと、筑波だけがフューチャーされ
その他の地域は我関せず

関西に居る人間としては、筑波であれだけタイム更新しているのに、その他の地域が盛り上がらないのは何故なんだろうと思っていました
各地のサーキットでHKSのタイムがずっと破られること無くレコードでした。

そんな関西が動いたのも
名神さんを中心に、井入さんや、TONさんが盛り上げてきた事では無いでしょうか?

http://www.meishin-tire.com/
急に起こったムーブメントでは無いので、このまま盛り上げていきたいですね、勿論Fuel Evoでも応援する予定です。

オイルも燃料も、本気で最強と思っています
特に燃料、自信あります
本気でタイムアップしたい方、遠慮無く相談ください

ドンドン盛り上がって行きましょう♪

 

 

 

 

CTAC CC選手総合3位

1月24日 セントラルサーキットで開催された、CTAC(セントラルタイムアタックチャレンジ)で弊社サポート選手の喜多條選手が総合3位になりました

http://centraltimeattack.com/

 

886298_1538048589856421_3772787871764813136_o

CCFD3S

 

12642862_933786030041518_8378196955126159707_n

 

事前に、今回のCTACの目的は聞いていましたが

喜多條選手お疲れ様でした。ベストは更新、

正直、一位のハイエンドメーカー安藤選手。本当にびっくりしました。
内情を知る某氏から、情報は聞きましたが、コースレコードの16秒5。。。。

14秒は見えてきたのでは?と思うようなタイムでした。E85に行く前には、一度弊社のオイルと燃料も試して欲しいなぁとか。

しかし、俄然、面白くなってきました
現状の関西のサーキット、NA勢の努力で、雰囲気保っていると思うのですが、西日本在住の安藤選手のタイムは、ショップも、ドライバーも考えるところ多かったのではないでしょうか?

関西のサーキットも、このまま盛り上がって欲しいです♪
参加者、関係者の皆様お疲れ様でした

 

最初の写真
金城自動車様のFBよりお借りしました